確定申告に必要な物

不動産売却の確定申告で必要なものとしてはまずき確定申告をするための確定申告書が必要となりますが、不動産売却の場合にはB様式のものを用意することになります。そして分離課税に分類されるため、その分離課税に用いる確定申告書が必要となり、譲渡所得に該当するため、譲渡所得の内訳書も用意することになります。これらの確定申告書で利用する書類は税務署で手に入れることができます。先にこれらの3つが必要と把握して税務署へと取得しにいくのがいいでしょう。不動産の手続き

当然のことながら申告書だけでなく、そのデータを裏付ける証拠となる書類も用意しておかなければいけません。売買契約書、売却した不動産の購入時の契約書、手数料が記載されている領収書、固定資産税を示す書類といったものです。もちろん不動産売却の際には個人によっても特別なケースというものがあり、その場合にはまた別の書類が必要となる場合もあります。自分の売却時はどういうケースかを把握して、必要な書類を用意していくようにしましょう。場合によっては国税庁に相談して何が必要か確認をしてもらいましょう。

これらの用意すべき書類は本物ではなくコピーで構いません。全て用意するとなるとある程度時間がかかる可能性も高いため、早めに行動して余裕を持って用意できるようにした方がいいです。