赤字の場合は?

不動産売却は高額の収入を得ることができますが、購入時のことと手数料などの費用を考えれば必ずそれは収入になるとは限りません。場合によっては赤字になってしまう場合もあります。赤字が出た場合には確定申告はどうなるでしょうか。当然のことながら収入がマイナスとなってしまうのであれば課税が発生しないということになるため確定申告をする必要はなくなります。あくまで「必要がない」ため確定申告をすることは可能です。しかし、分離課税という性質の関係でそのマイナスを利用して他の所得で発生している税額を減らしたり、還付される税額を増やすということはできません。

しかし、これは基本的にはの話であり、その売却した不動産が5年以上所持している長期譲渡に該当する物件であり、居住をしていた家であった場合には、一定の条件を満たしていた場合には他の所得と通算をすることができます。今の家から別の新しい家に移る場合にはこの条件を満たしている場合があるため、そのようなケースになった場合には条件に該当しているかどうか調べておくとよく、該当していた場合にはしっかりと確定申告をした方がいいでしょう。

特に新しい家でローンを組む場合には、これを利用することで結果的に費用を抑えることができるというケースもあります。